GCP上で立てたWordPressのrobots.txtが編集できない時の対処法

シェアする

GCP上で立てたWordPressのrobots.txtが編集できない時の対処法

スポンサーリンク

経緯

このブログがいつまでたってもクロールされないので確認したらrobots.txtが
Disallow: /
としていて、クロールを拒否していました。

そこで、All in one SEOをから編集したり、他の方法で編集したりと試みたところ一向に解決しませんでした。

解決策

先にざっくり書いておきます。

WordPressをたてたVMインスタンスに、Google Cloud Shellからアクセス
robots.txtから直接編集

解決方法

まず、GCPにアクセスしましょう
https://console.cloud.google.com

まず、Wordpressを立てたプロジェクトを選択
左上のバーからComputeEngineを選びましょう

そのあとはVM Instanceをクリックし、インスタンス名を確認しましょう

そしたら、右上にあるターミナルマークをクリック

ブラウザ下部より、ターミナルが立ち上がります。

そしたら下のコマンドを入力してくだい

gcloud compute ssh インスタンス名

該当インスタンスへ初めてのSSH接続の場合、ssh keyの設定があります。
特に気にする必要ありませんので、全てエンターしてssh keyを作成してください。

そうしますと、目的のインスタンスにSSHできます。

できたら次のコマンドを入力

sudo vim /var/www/html/robots.txt

vimというエディタでrobots.txtを編集できます。

vimの使い方

いきなり普通の現代人がvimを使うことは難しいと思います。
簡単にvimの使い方を説明します。

vimにはモードがあります。
開いたときはノーマルモードです。
入力したいときにはiを押し、インサートモードにしてください
そうすると、文字を入力できます。
文字を消したいときは、まずescを押してノーマルモードに戻り、
該当箇所でxを押して一文字ずつ消せます。

終了したいときは
esc :q!
終了保存したいときは
esc :wq
と覚えておくといいでしょう

変更後のrobots.txt

とりあえず以下のようにしておくと困りません

User-agent: *
Allow: /

このように変更しておきましょう

変更が終わりましたら、終了保存し、2回exitというコマンドを入力して
ターミナルを閉じます。

host名/robots.txtにアクセスしてみましょう
変更結果が反映されましたか?
反映されていたら編集完了です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする