RX100M4使いの僕がRX100M6が欲しくなる理由

シェアする

RX100M4使いの僕がRX100M6が欲しくなる理由

先ほどRx100m6の発表がされましたね僕は普段、RX100m4を使って写真を撮っていますが、Rx100m6にとても魅力を感じています。
今回はそれについて語ってきたいと思います。

途中に僕がRx100M4で撮った写真も挟んで行きます。

スポンサーリンク

Rx100シリーズが最高な点

今までのRX100シリーズは最高でした。
値段、画質、軽量さを考えると現在世の中に出てるカメラの中では一番かと思います。

ですが、一つだけ不満に思っていたことがありました。

それは望遠です。

RX100のレンズ

今まではZeissのバリオゾナーの以下のレンズを使っていました。

画角 F値
Rx100M1 28-100 F1.8-4.9
Rx100M2 28-100 F1.8-4.9
Rx100M3 24-70 F1.8-F2.8
Rx100M4 24-70 F1.8-F2.8
Rx100M5 24-70 F1.8-F2.8

Rx100m1,2は100mm Rx100M3以降は、望遠側が70mmでした。

ですが、スナップ写真や、ポートレートを撮っていると、望遠が欲しくなるときがあります。

そういう時には、一眼を持っていくしかありませんでした。

新しく出たRx100M6

新しく出たRx100m6

これはZeissバリオゾナーを使っていてかつ、24-200mm F2.8-4.5となり
望遠端が200mmまであります。
これはとても使いやすいです。

Rx100M6は機能がやばい

画角だけではありません。
色々と改善されています。

AF性能

位相差AFで315点を搭載しています。
ディスプレイのほとんどを覆う測距点、最近でた,α7IIIやα9のようなAF性能が期待されます。

連射性能

最高約24コマ/秒
これは、α9を超えています。
望遠端を使って、運動会や、動き物などを撮るのに十分な性能です。

動画性能

HFR性能

スローモーション機能が相当良いです。
センサーの読み出し画素数が下がりますが、960fpsでフルHDでの撮影ができます。

画質

4K30Pが撮影できます。

高感度性能

ISO125~12800の高感度まで対応しています。

【総括】Rx100M6がとても良いと思う理由

広角から望遠までとても良いレンズをつけていて、若干暗くなったものの、明るいです。
より広角を求める場合はワイドコンバージョンレンズをつけましょう

画質もRX100シリーズはそこらの一眼並みにあり、レンズ性能が相当いいので、下手なレンズをつけているカメラだったらRx100の方がいいのではと思う次第です。

小型軽量でこんなに良い性能のカメラが出るのは楽しみですね。

買うかどうか

実は結構いい値段がします。現在時点で14万円くらいだと言われており、14万円出すとα7II買えちゃうんですよね

難しいところです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする