アングルを変えて印象的な写真を撮ろう

シェアする

アングルについて

写真を撮るときどんな体制でとっていますか?
そのままの姿勢でとったり、少し屈んでみたり、はたまたローアングルから狙ってみたりと色々な方法がありますが

どうしてアングルを変えるのか

一つ作例を撮ったので解説して行きたいと思います。

その前に3つのアングルからとった写真をお見せします。
作例は、iPhoneでサクッと撮ったやつなのでクオリティは気にしないでください笑

アングルを変える理由

その1 被写体の背景を変えるため

被写体の場所にもよりますが、被写体への直線の角度を変えることにより、
背景が変わります。

背景がごちゃごちゃしていたり、あまり印象的ではないときに整理できます。

その2 見慣れない写真にするため

一般的に人間の身長は150~180センチぐらいです。
すなわち、その高さからの視点はいろんな人が見慣れたアングルなのです。

そこでローアングルや、ハイアングルで撮ることで、普段見慣れない写真を撮ることができます。

これが特に有効的なのは、子供や猫を撮影するとき、同じ目線で撮影すること良いです。
下に作例を貼っておきます

理由はもっとあります。

コミケ行くとよく見られる、アレとか
神様が見てるような視線にするとか

アングルを変えることで、変わった写真が撮れます!

試して見ましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする